FC2ブログ

モチ太郎2の日記

ただの日記です

編集したTSがTVTestで上手くシーク出来ない問題

TSファイルの無劣化編集ソフトはいくつかありますが、私は当初GIGAZINEで紹介されていたTS Snipper(以降TSS)というソフトを使っていました。しかし、稀に「GUIDがありません」というエラーで読み込めないことがあるので、色々試して最終的にMurdoc Cutter(以降MC)というソフトに落ち着きました。ちなみに、開発自体は2010年で止まっており、現在は更新されていないようです。

機能的にはTSSとMCは同等のものです。ただ、TSSはカットポイントを大雑把にしか設定できない、編集したファイルのシーンとシーンの繋ぎ目でブロックノイズが発生するなどの難点がありました。その点、MCは1GOP単位でカット位置を設定でき、繋ぎ目のブロックノイズもほぼありません。MCはGOP単位で編集できる反面、事前にGOPファイルを作成しなければならずそれに時間がかかります。これは仕様なので仕方ないのですが。

MCを使い始めてすぐ、MCで編集したTSファイルがTVTestで上手くシーク出来ないという問題に気付きました。しかし、こういう仕様だと思って半ば諦めていたのと、GOM PlayerやMPCでは普通にシーク出来るためとくに気にしていませんでした。

しかしつい最近、aviutlで直接TSファイルを読み込むよりもTVTestのTvtplayとTSMemoryを使ったほうがシークが速く効率が良いことに気付き、例の問題が何とかならないものか調べていました。結論から言いますと、MCで出力したファイルをTsTimeKeeperというソフトで修復するだけです。それだけで正常にシーク出来るようになります。と言っても10GBとか20GBの巨大なファイルになると、それなりに時間がかかります。

TsTimeKeeperというソフト自体は録画したTSファイルを無劣化で編集するという記事を読んでMCを導入した当初から持っていましたが、今まで全く使用しておらず、その存在すら忘れていました。

※今現在のTsTimeKeeperの正式な存在場所は分かりません。探せば見つかるとは思いますが。
関連記事

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。